HOME > 診療案内 > 目の病気

目の病気

 

 

白内障(はくないしょう)

症状

白内障は、眼の中でレンズの役割をする組織(水晶体)が濁ってしまった状態です。レンズが曇ったカメラを思い浮かべて下さい。眼自体に濁りがあるため、眼鏡をかけても視力低下や見づらさが改善しません。水晶体の濁り方により、症状はさまざまです。主症状は「目がかすむ」といったものですが、その他にも次のような症状があります。白内障だけでは痛みや充血はありません。
(1)かすんで見える
(2)まぶしくなる、明るいところで見えにくい
(3)眼鏡が合わなくなる、一時的に近くが見えやすくなる
(4)片目で見ても二重、三重に見える

原因

白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものです。発症年齢には個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁っていきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。若い方でも、アトピー性皮膚炎や糖尿病などの病気に白内障が合併することがありますし、目のけがや薬剤(ステロイド剤など)の副作用から白内障を起こす場合もあります。

白内障かな、と思ったら

 

顕微鏡で水晶体の状態を検査します。さらに、眼底検査などで、網膜(カメラのフィルムにあたる部分)などの病気の有無を確認することが大切です。

白内障の治療

 

残念ながら薬(目ぐすり・飲み薬)には、見え方を改善する効果はありません。見え方の不自由が気になってきた方は、手術を考えてみる時期かもしれません。

白内障手術について

 

 

 

緑内障(りょくないしょう)

症状

日本では40歳以上の緑内障の有病率は推定5.0%(20人に1人)とされています。緑内障は大別すると、開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障に分けられます。

一般的に開放隅角緑内障では、自覚症状はほとんどなく、知らないうちに病気が進行していることが多くあります。視神経の障害はゆっくりと起こり、視野(見える範囲)も少しずつ狭くなっていくため、かなり進行した状態になるまで目に異常を感じることはありません。日本では緑内障患者さんの70%以上が開放隅角緑内障です。その中でも、実に90%以上の患者さんが眼圧(目を球形に保つために必要な目の中の圧)が正常のタイプ(正常眼圧緑内障)であることがわかっており、眼圧が正常だから緑内障ではない、ということにはなりません。

一方、閉塞隅角緑内障の患者さんは、全ての緑内障患者さんのうち10%強を占めるのみと考えられています。その中でも、急性の閉塞隅角緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい発作の症状を起こします。このような急性閉塞隅角緑内障の発作が起きた場合、時間が経つほど視機能障害が戻りにくくなるので、すぐに治療を行い眼圧を下げる必要があります。

原因

緑内障は、視神経(目で見た情報を脳に伝える神経)が障害され視野が欠損していく病気です。視神経障害を引き起こす原因として、眼圧が有力視されています。これまでに、高い眼圧を放置していると緑内障になっていくこと、眼圧を点眼薬や手術で下げることによって緑内障の進行が遅くなることが分かっています。正常眼圧緑内障の患者さんであっても、さらに眼圧を低下させることで視野の悪化を遅くできることが報告されています。

一方、閉塞隅角緑内障の原因は眼内の水(房水)の流出路である隅角が 狭いために房水の流出が妨げられることにあります。つまり元々の眼の形そのものに原因があるのです。そのため隅角が狭い患者さんの場合、緑内障発作の発症を予防するためのレーザー治療(レーザー虹彩切開術など)を行うことがあります。また閉塞隅角緑内障の患者さんに白内障手術(水晶体再建術)を施すことで緑内障の悪化を食い止めることができることが知られています。点眼薬(縮瞳作用のあるもの)を用いることもありますが、根治治療とはなりません。

ところで、薬の添付文書に「禁忌(次の患者には投与しないこと):緑内障」と記載されている場合があります。開放隅角緑内障の患者さんや、レーザー虹彩切開術あるいは白内障手術を施された閉塞隅角緑内障の患者さんでは問題になることは少ないです。心配な場合は、眼科で相談してみることが一番です。

 

 

糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)

症状

糖尿病網膜症は重症になるまで症状がありません。そのため発見が遅れ失明に至ってしまうこともあります。糖尿病の診断がついている患者さんは全員、少なくとも年1回は眼底検査を受けることをお勧めします。早期発見のためには、症状がないうちから眼科医による眼底検査が必要です。眼底写真を用いた眼底検査では不十分なことが多いです。

原因

糖尿病網膜症の本態は網膜(光を感じる神経の膜)の血管病変です。毛細血管の壁が弱くなると、毛細血管がコブを作ったり(毛細血管瘤)、眼底出血を起こします。また、健康な網膜の毛細血管からは血中の成分は漏れ出しませんが、糖尿病網膜症では毛細血管から脂質などが漏れだし網膜のむくみ(浮腫)が生じて視力低下します。さらに毛細血管が閉塞してしまうと、その部位の網膜の神経細胞が死んでしまったり、新生血管を形成させ大出血(硝子体出血)を引き起こすことがあります。重症例では難治の血管新生緑内障を合併することもあり注意が必要です。

 

 

屈折異常(くっせついじょう)

症状

近くは眼鏡なしでよく見えるのに、眼鏡なしでは遠くが見えにくいものを近視(近眼)と呼びます。また、年齢とともに近くが見えにくくなるものを老視(老眼)と呼びます。小さなお子様の場合、遠視が弱視を引き起こすこともあり、治療のため眼鏡をかけることが必要になります。

原因

まだ明らかにはなっていません。日本では欧米に比べ近視の方の割合が高いことが分かっています。屈折測定しピッタリの眼鏡をかけることで視力が出る場合は病気ではないことが多いです。

 

 

眼精疲労(がんせいひろう)

症状

何かを一生懸命見ているうちに、眼の奥が重くなったり、ショボショボしてきたりしてくるなどの症状があります。最近は、「パソコンの画面を見ていると」という患者さんが多いです。

原因

はっきり分かっていません。眼鏡が合っていない場合も多いです。ただし、眼精疲労と思っている方の中に、ドライアイ、角膜炎、白内障、ぶどう膜炎などの病気がある方もいらっしゃるので、眼科で検査を受けられることをお勧めします。

 

 

網膜剥離(もうまくはくり)

症状

典型例では、まず視界の一部が見づらくなり、放置していると視力が低下してきます。裂孔原性網膜剥離では、「黒い点が見えた(飛蚊症)」「光が見えた(光視症)」などの前駆症状がある場合もあります。緊急性のある疾患ですので、このような症状が急に生じた場合には、早めに眼科を受診して下さい。

原因

最も多い原因は、網膜に開いた穴(網膜円孔、網膜裂孔など)です。穴ができる時に前駆症状が生じるとされています。次に多い原因は、糖尿病網膜症など網膜血管の病気です。新生血管や増殖膜により網膜が引っ張られて生じるタイプの網膜剥離(牽引性網膜剥離)を引き起こします。

 

 

飛蚊症(ひぶんしょう)

症状

明るい所や白い紙などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどが飛んでいるように見えることがあります。視線を動かしてもなお一緒に移動してくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えません。このような症状を「飛蚊症」と呼んでいます。

原因

眼内は空洞ではなく、大きな容積を硝子体(ゼリー状のもの)が占めています。飛蚊症の症状はこの硝子体の濁りによることがほとんどです。硝子体に濁りを生じる病気としては、網膜剥離またはその前兆、糖尿病網膜症などがあります。また病気ではなくても、硝子体の液化に伴い濁りを生じることがあり、症状からだけでは判断が難しいです。飛蚊症の症状がある時は眼底検査を行い、治療が必要な病気であるか、治療の必要のないものであるか、正しい診断が必要です。

 

 

アレルギー性結膜炎

症状

目が痒くなったり異物感を感じます。白目(結膜)が赤くなったり(充血)、白目が水ぶくれのようになったりすることもあります。いわゆる花粉症では、クシャミなどの鼻炎症状を伴います。

原因

花粉など環境要因のことが多いです。

 

 

ウイルス性結膜炎

症状

強い結膜充血、目やに(眼脂)が特徴です。大人の場合、症状が軽いことがあります。角膜に炎症が及ぶと視力低下を生じることがあります。

原因

感染力の強いウイルスによるものです。御家族などに症状がある場合には、手洗いを徹底する・タオルを共有しない、などの対策が必要です。

 

 

ドライアイ

症状

ドライアイの主な症状としては、眼が疲れやすい、眼にシパシパとする不快感がある、眼が乾いた感じがする、眼が重い感じがする、などがあります。眼精疲労と思っていてもドライアイが原因の場合もあります。

原因

ドライアイは、涙液の分泌減少または蒸発増加により、目の表面(角膜、結膜)に乾燥を生じた状態です。眼表面の細胞を保護する涙液が失われると、細胞が障害され眼の表面に傷がついてしまうことになります。

涙液の分泌を減少させるものの例として、全身性の病気(シェーグレン症候群など)や薬の副作用が挙げられます。また、眼表面の粘液が失われたり、涙液の蒸発を防ぐ油分が減少することで、涙液の蒸発が増えることが知られています。さらに、パソコン作業などによりまばたきの回数が減少したり、エアコンなどで部屋が乾燥していると、ドライアイになりやすいと言われています。

新潟県新潟市西区小針1丁目30-1

※土曜日は8:30〜13:00まで受付